Aqua
5月14日(火) 30㌢キューブ水槽 1080日目

立ち上げから142週間。注水から145週間。

前回からまるまる二ヶ月が経過してしまい、季節は初夏に近づいてしまった。

それもこれも、すべては水槽がこの状態だから。


[水 槽 仕 様]

― 機材 ―――
・水槽 30㌢キューブ水槽 アクロ30Nキューブ(30×30×30㌢ 換水8㍑/週)
・LEDライト アクロ TRIANGLE LED GROW 300 1000lm(夜間3時間点灯)
・フィルター エーハイム クラシックフィルター 2211(ろ材付 スターターセット)
・CO2添加 クリスタルアクア 化学反応式CO2ジェネレーター(夜間3時間添加)
・CO2拡散器 CO2マスターアドバンス(強制添加 1滴/秒)
・タイマー リーベックス 簡単デジタルタイマー PT70DW(18時~21時)
・エアポンプ 水作 水心 SSPP-3S(消灯時のエアレーション)

― ソイル ―――
・栄養系 GEX 水草一番サンド(2㌔)
・吸着系 GEX ピュアソイル ブラック(2㌔)

― 肥料 ―――
・液体 トロピカ 水草用液体栄養剤 緑液 300ml 窒素 リン入り(1プッシュ/週)
・液体 トロピカ 水草用液体栄養剤 茶液 300ml 窒素 リン無し(1プッシュ/週)
・固形 ハイポネックス スティック 30本 棒状肥料(1本/月)

― 水質調整 ―――
・液体 PSBQ10 ピーエスビーキュート 淡水用 500ml(10ml/週)

― 水草 ―――
・ミニマッシュルーム
・オーストラリアン ノチドメ
・ラヌンクルス パプレントゥス
・ニューラージパールグラス
・ブリクサ ショートリーフ
・ヘアーグラス ショート
・コブラグラス
・南米ウィローモス
・ウォーターフェザー

― 生体 ―――
・ヤマトヌマエビ 5匹
・ミナミヌマエビ 多数
・ミックスグッピー 多数+稚魚
・イシマキガイ 1匹

水景は、南米ウィローモスとウォーターフェザーにほぼ制圧されてしまい、グッピーは累代飼育のせいで小型化。

内部環境は現状維持で問題ないのだが、鑑賞用水槽としては見所が無い。


俯瞰で見ても雑然とした印象しかない。


一方、モスがこれだけ繁茂しているとヌマエビたちはとても元気。抱卵個体多数。


ちなみにこちら、三年前の立ち上げの様子と現在。

途中経過を省いてしまうと Now and Then みたいで唐突な印象もあるが、個人的には色々と思うことがある。

紆余曲折色々あったが、三年間存分に楽しませてくれた。ありがとう。



というわけで、突然ですが明日、水槽をリセットすることにしましたので、新たなる伸展ををご期待下さい。

1月12日(金) 30㌢キューブ水槽 957日目

立ち上げから126週間。注水から129週間。

まただいぶ時間が空いてしまった。反省。


[水 槽 仕 様]

― 機材 ―――
・水槽 30㌢キューブ水槽 アクロ30Nキューブ(30×30×30㌢ 換水8㍑/週)
・LEDライト アクロ TRIANGLE LED GROW 300 1000lm(夜間3時間点灯)
・フィルター エーハイム クラシックフィルター 2211(ろ材付 スターターセット)
・CO2添加 クリスタルアクア 化学反応式CO2ジェネレーター(夜間3時間添加)
・CO2拡散器 CO2マスターアドバンス(強制添加 1滴/秒)
・タイマー リーベックス 簡単デジタルタイマー PT70DW(18時~21時)
・エアポンプ 水作 水心 SSPP-3S(消灯時のエアレーション)
・ヒーター GEX NEW セーフカバー ヒートナビ80(25℃設定)

― ソイル ―――
・栄養系 GEX 水草一番サンド(2㌔)
・吸着系 GEX ピュアソイル ブラック(2㌔)

― 肥料 ―――
・液体 トロピカ 水草用液体栄養剤 緑液 300ml 窒素 リン入り(1プッシュ/週)
・液体 トロピカ 水草用液体栄養剤 茶液 300ml 窒素 リン無し(1プッシュ/週)
・固形 ハイポネックス スティック 30本 棒状肥料(1本/月)

― 水質調整 ―――
・液体 PSBQ10 ピーエスビーキュート 淡水用 500ml(10ml/週)

― 水草 ―――
・ミニマッシュルーム
・オーストラリアン ノチドメ
・ラヌンクルス パプレントゥス
・ニューラージパールグラス
・ブリクサ ショートリーフ
・ヘアーグラス ショート
・コブラグラス
・南米ウィローモス
・ウォーターフェザー
・ドワーフアマゾンフロッグピット

― 生体 ―――
・ヤマトヌマエビ 5匹
・ミナミヌマエビ 多数
・ミックスグッピー 多数+稚魚
・オトシンクルス 1匹
・イシマキガイ 1匹

ここに来て水草の調子がすこぶる良く、水もピカピカで、藍藻や苔の繁茂も無し。

完全調和状態。

年末年始の準備で近所のホームセンターに行ったら、珍しくクーリーローチを安く売っていて、前から興味があったのでかなり迷ったのだが、素直に諦めた。

たとえ熱帯魚でも、生き物の衝動買いは良くない。


春にリセットを考えていたのに、ここまで完璧だと気持ちが揺らぐ。


― 生体 ―――
・オトシンクルス

オトシンクルスももうすぐ2年。

何を食べているのかいまいち分からないが、発色も動きも良く、とにかく元気。


― 生体 ―――
・ミナミヌマエビ

金魚屋で頂いたミナミヌマエビは順調に増殖中。

ちょっと増えすぎ傾向だったので、子どもの友だちに水草と一緒に少し里子に出した。



水槽環境の永年維持はかなり難しいと聞いており、一年以上経過すると、どこかで必ず環境が崩れると言われている。

その言葉通り、確かに一昨年はかなり苦労したし、去年も試行錯誤したが、まさかここに三年を迎えようとしている今になって、ここまで調子が戻るとは思わなかった。

これだからアクアリウムは面白い。

1月30日(火) 30㌢キューブ水槽 975日目

立ち上げから128週間。注水から131週間。

今年はもっとしっかり更新していこうという意気込みで、早速更新、というわけでもないのだけど、悲しいお知らせを伝えなくてはならない。


[水 槽 仕 様]

― 機材 ―――
・水槽 30㌢キューブ水槽 アクロ30Nキューブ(30×30×30㌢ 換水8㍑/週)
・LEDライト アクロ TRIANGLE LED GROW 300 1000lm(夜間3時間点灯)
・フィルター エーハイム クラシックフィルター 2211(ろ材付 スターターセット)
・CO2添加 クリスタルアクア 化学反応式CO2ジェネレーター(夜間3時間添加)
・CO2拡散器 CO2マスターアドバンス(強制添加 1滴/秒)
・タイマー リーベックス 簡単デジタルタイマー PT70DW(18時~21時)
・エアポンプ 水作 水心 SSPP-3S(消灯時のエアレーション)
・ヒーター GEX NEW セーフカバー ヒートナビ80(25℃設定)

― ソイル ―――
・栄養系 GEX 水草一番サンド(2㌔)
・吸着系 GEX ピュアソイル ブラック(2㌔)

― 肥料 ―――
・液体 トロピカ 水草用液体栄養剤 緑液 300ml 窒素 リン入り(1プッシュ/週)
・液体 トロピカ 水草用液体栄養剤 茶液 300ml 窒素 リン無し(1プッシュ/週)
・固形 ハイポネックス スティック 30本 棒状肥料(1本/月)

― 水質調整 ―――
・液体 PSBQ10 ピーエスビーキュート 淡水用 500ml(10ml/週)

― 水草 ―――
・ミニマッシュルーム
・オーストラリアン ノチドメ
・ラヌンクルス パプレントゥス
・ニューラージパールグラス
・ブリクサ ショートリーフ
・ヘアーグラス ショート
・コブラグラス
・南米ウィローモス
・ウォーターフェザー
・ドワーフアマゾンフロッグピット

― 生体 ―――
・ヤマトヌマエビ 5匹
・ミナミヌマエビ 多数
・ミックスグッピー 多数+稚魚
・イシマキガイ 1匹

オトシンクルスが死んだ。

気づいたときにはもうヤマトヌマエビに啄まれていた。


ここのところ特に変わった様子はなく、むしろ元気そうだったので驚いた。


エビたちの働きで、翌日には綺麗に白骨化。

ユーモラスな姿で水槽内の苔とりを頑張ってくれました。二年間お疲れさま。


― 生体 ―――
・グッピー

近親交配を続けているので、だいぶ小型化が進んできている。


― 生体 ―――
・ミナミヌマエビ

定期的な換水でまったく落ちることがなくなった。


― 生体 ―――
・イシマキガイ

一年の寿命のはずが、オトシンクルスと同じ時期に迎えてからもう二年。

この水槽で一番の長寿? かもしれない。



春にリセットを考えているので、とりあえずこのまま生体は増やさない予定。

リセット後は、これまでとは違う生体にも挑戦したいけど、どうなるか。

3月14日(木) 30㌢キューブ水槽 1019日目

立ち上げから134週間。注水から137週間。

地震が多いため、水位引き下げ中。


[水 槽 仕 様]

― 機材 ―――
・水槽 30㌢キューブ水槽 アクロ30Nキューブ(30×30×30㌢ 換水8㍑/週)
・LEDライト アクロ TRIANGLE LED GROW 300 1000lm(夜間3時間点灯)
・フィルター エーハイム クラシックフィルター 2211(ろ材付 スターターセット)
・CO2添加 クリスタルアクア 化学反応式CO2ジェネレーター(夜間3時間添加)
・CO2拡散器 CO2マスターアドバンス(強制添加 1滴/秒)
・タイマー リーベックス 簡単デジタルタイマー PT70DW(18時~21時)
・エアポンプ 水作 水心 SSPP-3S(消灯時のエアレーション)
・ヒーター GEX NEW セーフカバー ヒートナビ80(25℃設定)

― ソイル ―――
・栄養系 GEX 水草一番サンド(2㌔)
・吸着系 GEX ピュアソイル ブラック(2㌔)

― 肥料 ―――
・液体 トロピカ 水草用液体栄養剤 緑液 300ml 窒素 リン入り(1プッシュ/週)
・液体 トロピカ 水草用液体栄養剤 茶液 300ml 窒素 リン無し(1プッシュ/週)
・固形 ハイポネックス スティック 30本 棒状肥料(1本/月)

― 水質調整 ―――
・液体 PSBQ10 ピーエスビーキュート 淡水用 500ml(10ml/週)

― 水草 ―――
・ミニマッシュルーム
・オーストラリアン ノチドメ
・ラヌンクルス パプレントゥス
・ニューラージパールグラス
・ブリクサ ショートリーフ
・ヘアーグラス ショート
・コブラグラス
・南米ウィローモス
・ウォーターフェザー
・ドワーフアマゾンフロッグピット

― 生体 ―――
・ヤマトヌマエビ 5匹
・ミナミヌマエビ 多数
・ミックスグッピー 多数+稚魚
・イシマキガイ 1匹

オトシンクルスがいないため、定期メンテナンス以外はどことなく観察を怠りがち。

あまり良くない傾向。


水位は全体の3/4ほどに下げている。

3.11当時、実家で管理していた60㌢水槽の水が半分以上溢れてしまった経験がある。

倒壊こそ免れたが、もう二度とアクアリウムはやらないと心に誓ったほどのトラウマ的な体験。

性懲りもなくまたやってるけど。


水草の方はウィローモスとウォーターフェザーにほぼ占領されてしまった。

春休みにリセット予定なので、とりあえずこのまま惰性の消化試合的アクアリウム。



リセットにあたって、生体や水草の待避場所をどうするか。けっこう悩みどころ。