Diary
9月18日(金)

保育園で同じクラスでも送迎時間の違いで全く顔を合わせない子がけっこういる。

もともと、我が家は他の子たちより朝が早くて帰りが遅いため、顔を合わせる機会が少なかったのだが、そのうえ、コロナ禍で行事が無くなってしまったので更に減ってしまったのだ。もちろん子ども同士は毎日顔を合わせているのだが、私が定期的に顔を合わせる子は20人のクラスで3~5人といったところだろうか。

だから、しばらく会っていなかった子と久しぶりに顔を合わせると、心身ともにめちゃくちゃ成長している姿に「えっ !? きみ、もうそうんな感じなん !?」と、かなり驚かされる。

ここ最近の私の成長といえば、レスポンシビリティーのスペルを間違えずに書けるようになったぐらいだもんな。




実は、今年の四月入園の子で、本当に一度も会ったことのない子が一人います。

9月1日(火)

今朝はなんだか涼しい感じだったので、暑い時にはなかなか選べない、ちょっとハードなデニム生地のスリムなパンツを履いていこうと思ったら、パンツのウェスト部分に腹の肉が乗ってしまった。

うむ。

こないだ、オンラインショップで買ったパンツがいつもと同じサイズなのにキツかった話を書いたが、あれはパンツのスタイルやデザインに問題があったのではなく、私の体型にこそ問題があったことが判明したのだった。

そういえば先日、銭湯の姿見で自分の体をみたら、痩せているのに変なところは太っているという、実に情けなく見すぼらしい体型になっていた。もう四十路の中年だもんな。




夏休み旅行の件ですが、色々と懸念事項があるにはあるのですが、例年に比べて移動費や宿泊費があまり圧縮できないことが一番の問題となっています。もしかしたら、もうリーズナブルな旅行ってできないのかもしれませんね。

台風10号やばそうですね。

9月3日(木)

今度の日曜日から、娘がスイミングスクールに通うことになったのだが、結局、朝8時からのクラスしか空きがなかったため、かなり過酷な通いはじめとなってしまった。

まあしかし、ここで嘆いていても仕方ないので、これをきっかけにして、ここ最近、ずるずると遅くなっている娘の就寝時間と起床時間の改善を図ろうと思ったのだが、物事はなかなか思ったようにはいかないもので、娘は相変わらずだらだら起きているうえに、なぜか私がうまく寝付けなくなってしまい、朝寝坊続きの失態を重ねている。

うむ。




今朝、洗濯機の音に気が付いて目が覚め、また妻が色落ちする衣類と一緒に洗濯機を回してしまったんじゃないかと思って飛び起きてしまった。もちろん、しっかり別々に洗っていました。疑ってごめんなさい。そして、朝寝坊でごめんなさい。

9月4日(金)

相変わらず眠れない夜が続いているところだ。

昨晩もなかなか眠れないまま何度も寝返りを打っていたら、布団の横の姿見に自分の寝姿が映っていることに気がついた。熱帯夜にエアコンをつけて寝ると風が直接当たってしまうので、寝室の配置替えをしたのだが、その際に、私がこの姿見の横で寝ることになったのだ。そういえば、ここで寝るようになってから私は眠れなくなったのだ。

私は環境の変化に敏感なので、おそらく、この配置替えの影響で眠ることができないのだろう。しかし、いつになったらこの環境に馴染んで、眠ることができるようになるのだろうか。早く馴染めないと身体が保たないよな。そんなことを考えていたら、ぼそぼそとした眠気がやって来たので、しめしめと思っていたら、娘がトイレに起きてすべてが台無しになる。

うむ。




寝不足だと身体のリズムがおかしくなって、ここ最近、電車通勤中に便意を催して困っているのだが、通勤時の緊急避難として高輪ゲートウェイ駅の便所はとても便利だ。高輪ゲートウェイ駅のホームに停まると、私がいつも乗る車両の目の前に階段があって、その階段を上がるとすぐに便所があるのだ。とても空いているし、とても綺麗な、最高の通勤時緊急避難便所だ。汚い話ですみません。

9月5日(土)

昨晩は、頭と足の位置を逆にしたら、まずまず眠れました。

さてこないだ、自転車のスタンドを立てる時にちょっと脛をぶつけてしまったのだけど、痛みもそれほどなく、あまりにも些細な出来事だったのですっかり忘れていたのだが、今朝、ハーフパンツを履いたら、脛のところに不気味で深刻な青黒い痣ができていて、痣の周囲の皮膚が異様なほど黄ばんでいたので、何事か!? とびっくりしてしまった。

身体の反応に意識が追いつかないって、ちょっとやばいですよね。その逆もしかり。




今後の台風に備え、とりあえず庭の鉢植えの整理をしなくてはいけないな、と思いつつも、なかなか進まない。沖縄や九州の方々は、そんなことも言ってられない状況だよな。

9月7日(月)

色んなことに手間取って、朝食を食べる時間が無くなってしまったのだが、昔はよくコンビニで朝食を買って会社で食べていたので、たまにはそんな朝食も良いだろうと思ってコンビニに寄ると、昔よく朝食に買っていたチュロスが値段そのままで半分ぐらいのサイズになっていた。

うむ。インフレだ。

さて、昨日の娘の朝のスイミング教室は、遅刻すること無く無事に通うことができた。おまけに朝が早いので日曜日がとても長く感じられる。

これから日曜日の長さもインフレになるな。

9月8日(火)

今朝、保育園で個人面談があった。

保育園の行事や活動の予定がパンデミックで吹き飛んでしまったので、この個人面談が保育園や保育士さんと直接関わる今年度初めての場だ。規模を大幅に縮小した形での運動会や遠足なども企画されているが、それも状況次第なので、この個人面談が最初で最後の場となるかもしれない。

さて、その個人面談だが、朝の8時45分からだったので、普段の登園時間に比べると一時間ほど余裕がある。少し寝坊しても大丈夫だなと思って、昨晩は少し夜更かしをしたのだが、なぜかそんな日に限って、娘が一時間も早く目を覚ますのだ。

おかげで今日も一日が長くなりそうだ。

でも長くて良い。今日は休みを取ったのだ。パンデミック以来、半年ぐらい顔を合わせていない友人と会う。今日は記念すべき私の夏休み第一日目なのだから。

9月10日(木)

こないだの夏休み初日のこと。

友人と美味い昼飯を食べながら込み入った阿呆話をしたあと、喫煙者の友人が一服したいというので喫煙所を探した。しかし、喫煙所はどこにも見当たらず、やっと見つけたルノアール(喫茶店)でも電子タバコ以外は駄目だと断られてしまった。

私が煙草を止めてもう四年近くになるが、喫煙がここまで駆逐されているとは思いもよらなかった。これまで、歩き煙草をしている不届者を見掛けたら、娘と一緒に長ネギでぶっ叩いて回っていたのだが、今度からポイ捨てした連中だけに限ろうかと思う。

我々は何よりもまず慈悲深さを尊ぶのだ。




去年行ったロシアでは屋内こそ禁煙でしたが、屋外では街角ごとにゴミ箱を兼ねた灰皿が設置されていて、老いも若きも男も女も関係なく、楽しそうに紫煙をくゆらせていました。古き良き懐かしい感じを思い出しました。

9月14日(月)

昨日の夕方、妻が近所の八百屋に薬味を買いに出た後を、どうしても一緒に行きたいと言って号泣し、雨の中、裸足で出て行ってしまった娘である。

昨日は他にも似たようなことが何度か重なって、娘の要求の高さと主張の強さに、振り回されっぱなしの父であった。

こうした娘の無理な要求や主張には、根気強く付き合っていかなくてはならないのだが、なかなか厄介なことだし、すぐに結果は出ないし、うまく行かない場合も多い。私がもっとも苦手とするところであり、一番ストレスが溜まる。




こうした娘の感情の発露は、連休最終日の夕方が鬼門なので、そのあたりは気を付けて対応していこうとは思うのだが、連休最終日の夕方ってこちらも色々とねぇ。。。